プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

農業の知識はものスゴイものがあります

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年3月 | メイン | 2009年6月 »

2009年4月

2009年4月19日 (日)

春の訪れ

 遅れながら花様東梅田の春の訪れをお伝えしたいと思います。

 四月からの暖かさで一気に花を咲かせました。

 こちらはロマネスコカリフラワー。

 当店にやって来たのは、まだ冬の寒い時期。
階段の踊り場でお客様を出迎え続けています。



 こちらは蕪。 今は表の装飾植物の主役です。 通行人の目を最も集めるトップモデルです。



 そして、3月29日に掲載しました、僕の頼もしい味方も花を咲かせました。 あの時のお母さん楽しみに見てくれてますか。



 春の山菜、こごみもやってきました。幼い頃行った山菜採りを思い出しながら成長を見守ってます。


 春が訪れ、夏が過ぎ、秋、冬と四季は廻ります。人の心も四季と供に廻

り、春心、夏心。。。というものがあるように思います。植物に、そして人

の心に変化を与えてくれる季節の移り替わりに感謝します。

2009年4月10日 (金)

地産地消

 地産地消という言葉を最近よく耳にします。農業でよく用いられる言葉

で、その地で産まれたものを、その地で消費するという意味の言葉です。

 地産地消の一番のメリットは、食料の輸送距離を抑える事が出来きるとい

う事です。つまり輸送コスト、CO2の排出を抑えられるのです。フードマ

イレージを抑えられるという言い方も出来ます。

 先日、この言葉が農業の枠を超えました。

 大手総合電気メーカーのSHARPが、地産地消の新ビジネスモデルで海

外展開を進めるという言い方でこの言葉が使われました。

 この先、地産地消という言葉があらゆる生産販売の分野で頻繁に使われだ

すのかもしれません。

 この地産地消を我が花様東梅田店でも行う事にしました。  

 滋賀から届いた椎茸を店内で栽培、繁殖させお客様に提供しようという試

みです。間引きし、一日3度の水やりで愛情たっぷりに育った椎茸は、きっ

美味である事でしょう。

 フードマイレージゼロのリアル地産地消。

 ちなみに、日本のフードマイレージの総量は世界中でも群を抜いて大きく

国民一人当たりでも世界第1位だそうです。

 規模は小さいが、小さな事からコツコツと。

 頑張れエコ!!

 来店の際は、是非ともこのエコ椎茸をご賞味下さい。


 

2009年4月 8日 (水)

もう一人の従業員

 我輩は信楽たぬきである。名前はまだ無い。

 我輩は、出勤してくる他の従業員を出迎え、来店されるお客さまを出迎

え、そして仕事を終え帰宅する従業員を見送り、食事を終えたお客様を見

送る。

 しかし、その間のドラマを我輩は知らない。店内で何が起きているのか、

どんな料理が提供されているのか、店内でどんな言葉が交わされているの

か。

 我輩は知らない。

 今日は、熊本からのお客様14名様が来店されていたようだ。食事を終

え、階段を下りてこられる様子を見る限りご満悦な様子だ。

 今日は、珍しく女性独りのお客様が2組も来店された。できれば我輩も隣

りで一杯やりたいものだ。

 朝には、遅刻ギリギリの従業員が私の前を駆け上り、夜には終電帰宅の従

業員が駆け下りる。

 今日も我輩は、独りたたずみお店に関わる人の始めと終わりを見つめる。

 しかし、その間のドラマを我輩は知らない。

   

 我輩は信楽たぬきである。名前はまだない。


2009年4月 1日 (水)

スタッフ紹介★若者編2

遅くなりましたが、スタッフ紹介パート2です。

若者編第2弾sign03


服飾デザイナーの卵 「りん」


夢砕かれた男 「ヤマ」


人間探知機 レーダー「ウラハタ」


お米大好き 「坪」


ざっと若者編は、以上で終了致します。
次回sign01アダルト編sign03乞うご期待sign03

店内で「ブログに出てた人や!」と、お声を掛けて頂ければ、
何かしらのサービスは、させて頂きますnotenote

花様 ka-you 東梅田 近江自家栽培ファーム直営店 のサービス一覧

花様 ka-you 東梅田 近江自家栽培ファーム直営店